カードローンをまとめる時に一番低金利の銀行はどれ?徹底比較

Just another WordPress site

*

なぜカードローンの借り換えをする必要があるのか?

   

なぜカードローンの借り換えをする必要があるのでしょうか?

カードローンの借り換えをするメリットってなんでしょうか?
単に金利が安いからというだけの理由ではありません。

いつまでたっても減らない元金と返済

カードローンの借り換えをする最も多い理由は、返済がうまくいかない
という部分にあります。

仮に
200万円のローンがあったとして、5年で返済をするとした場合、
8.9%の金利と、1.9%の金利では
どのくらいの差が出るのかというと、

8.9%だと、総額248万円返す必要があるのに対して、
1.9%だと、総額209万円で済みます。

7%金利が違うだけで、40万円も違いが出てくることになります。
この差を
毎月の返済額でみると、
8.9%の金利だと41,000円に対し、
1.9%であれば、35,000円と

6,000円も毎月差が出てくることになります。

銀行系のカードローンだったり、おまとめローンは金利が安いのに対して、
消費者金融などでは18.0%など金利が高いです。

毎月の返済額は少ないかもしれませんが、それではいつまでたっても元金がへりません。

そのために、カードローンの借り換えをして1つにまとめることで、
返済がスムーズに進むようになるというメリットがあります。

1つの借入先にすることで、返済の時の負担軽減に

カードローンを1つにまとめることで得られるメリットは
返済の時にあります。
これまで何社かにわけて借りていたローンを1つにすることで、
これまで返済の日にちもバラバラ、金額もバラバラで管理がしにくかったものを
一元化し、金額も、返済日も1つにすることができます。

これをすることで、精神的なストレスからの解消にもつながります。
毎日のように返済に追われていたストレスから、
月に1度になるわけですから、そのストレスの軽減は大変なものです。

また銀行系のローンにまとめると、自動的に引き落としになるということが
もう1つのメリットになります。

クレジットカードの会社だったり、消費者金融のローンだと、返済をすぎてしまったり
忘れてしまう場合もありますが、
銀行のローンにした場合は、口座にお金が入ると自動的に返済されるという場合が多いです。

なので給料の振込口座に指定しておけば、
勝手に給料から返済分だけひかれることになり、そこも安心ポイントの1つとなります。

毎月の返済額の負担を減らすこともできる

これまで各社にローンがあったときは、それぞれ返していく必要があったため、
返済額の負担が相当なものになることもあります。

それを銀行のカードローン1つにすることで、
毎月の返済額までも減らすことが可能になります。

例えば、
三菱東京UFJ銀行のカードローンの「バンクイック」にすれば、
2000円の毎月返済額と相当安い金額に毎月の返済額を抑えることができます。
返済総額が少なければいいというわけでは、必ずしもそうではなく、
毎月の生活を考えながらの返済をしていくことがとても重要となってきます。

毎月の返済額の負担を減らすという意味でもカードローンをまとめるということは
とても重要になってきます。

 - 未分類